01.ドラゴンボール 02.イベントレポ 2019/18年ドラゴンボール最新情報 ドラゴンボールイベントレポ 東京コミコン2018(更新途中) 造形天下一武道会

【東京コミコン2018レポ2】VAROQさん人造人間17号/松浦さんピッコロ(BWFC造形天下一武道会世界大会2018)(ドラゴンボール2019年最新プライズフィギュア情報)

投稿日:2018年12月1日 更新日:

こんにちは!アイダです(・∀・ )!

2018年11月30日(金)~12月2日(日)開催の「東京コミコン2018」へ行ってきたので、フィギュアレポートします!

東京コミコンは海外アメコミなどが中心のイベントですが、当ブログはドラゴンボールブログですので、ドラゴンボールなどのジャンプ系を中心に記事を書いていきます。

写真が沢山あるので、いつものように何回かに記事を分けます。

2つ目の今回の記事は「【東京コミコン2018レポ2】VAROQさん人造人間17号/松浦さんピッコロ(BWFC造形天下一武道会世界大会2018)」です。

それではレッツレポ!いえい。

 

BWFC造形天下一武道会世界大会2018(ドラゴンボール)

バンプレストブースには、造形の腕を投票数で競うBWFC造形天下一武道会世界大会2018(ドラゴンボール)のフィギュアが!

参加作品9作品が見られました。ENTRY番号順に紹介していきます。

<下へ続く>




ENTRY03・VAROQさん/人造人間17号




圧倒的躍動感。

一蹴りで1kmくらいは距離を出しそうなDBキャラの躍動感溢れる疾走の瞬間を捉えた逸品です。

腰の銃と、髪・スカーフの翻り方に差があるのが本当良い。

パーツの重さの違いを巧く表現されています。

裏返った髪の毛のデザインも原作再現度も高く、素晴らしすぎます。

言うまでもなく、顔もカッコイイです。




ENTRY04・松浦健さん/ピッコロ




長い溜めが必要な魔貫光殺砲ですが、こちらの魔貫光殺砲はあまり溜めずにすぐ撃ちそうですね。

さらに重りのマントとターバンも装備したままですので、おそらく雑魚戦を想定して作られたフィギュアでしょう。(NO溜めの魔貫光殺砲をファイナルバウトOPでセル相手に撃っていましたが。)

躍動感溢れる大きく翻ったマントの造形はもちろん、目標を見据える目もクールですね。

第一回造形天下一武道会で優勝した松浦さん作ピッコロ同様、とても良いフィギュアです。




以上、「【東京コミコン2018レポ2】VAROQさん人造人間17号/松浦さんピッコロ(BWFC造形天下一武道会世界大会2018)」でした!

次回は「【東京コミコン2018レポ3】ベジータ/ロゼゴクウブラック/トランクス(BWFC造形天下一武道会世界大会2018)」です。

最後まで読んでくれて、ありがとー(・∀・ )!







-01.ドラゴンボール, 02.イベントレポ, 2019/18年ドラゴンボール最新情報, ドラゴンボールイベントレポ, 東京コミコン2018(更新途中), 造形天下一武道会

執筆者: