01.ドラゴンボール ドラゴンボール懐古記事 劇場版ドラゴンボール(更新途中)

【映画ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち(メタルクウラ)レビュー】内容や当時の劇場パンフレット、カードダス、ドラ消しを振り返る

投稿日:2019年1月6日 更新日:

ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち(1992年)

こんにちは!小学生の頃は胸をときめかせながら、毎年、春or夏の東映アニメフェアの到来を待っていたアイダです(・∀・ )!

先月の「【映画ドラゴンボールZ とびっきりの最強対最強(クウラ)】内容や当時の劇場パンフレット、カードダス、ドラ消しで振り返る」に続き、今回も過去映画の内容や、パンフレット、当時のグッズを振り返ります。

今回はZの劇場版6作目(通算9作目)の1992年3月7日公開「ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち(メタルクウラ)」です。

それではちぇけらー♪

<下へ続く(以下ネタバレ含みます)>




激突!!100億パワーの戦士たちのポイント

ポイント1.メタルクウラ

あなたが劇場版ドラゴンボールで一番絶望を感じたシーンはどこでしょうか?

僕はやはり「ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち」の有名なメタルクウラのあのシーンです。

フリーザより強いクウラが、メタルになってさらに強くなった。

とにかく、そのメタルという「なんとなく強そうな感じ」に、当時小学校のクラスの男子は狂喜乱舞した。

誰かが「メタルはマジ固えからな」と言えば、また誰かが「メタルはエネルギー弾を反射して跳ね返す※」といい加減なことを言った。

※実際は跳ね返しません。

クラスの数人の男子で、劇場へ足を運び見てみれば、メタルクウラには界王拳悟空の攻撃も通じない。

僕ら(どうやって倒すんだよこの化け物…)

やっとのこさ、超サイヤ人孫悟空と超サイヤ人ベジータが2人がかりで完全粉砕。

僕ら(相当危なかったけど、なんとかギリギリで勝てたな…)

僕らが胸をなでおろした直後、

僕らは、ドラゴンボール映画史上トップレベルの悪夢を目の当たりにした。

総数が把握できないほどメタルクウラ軍団が、満身創痍の悟空とベジータを見下していたのだ。

「これだけのメタルクウラを敵に回して戦える力がお前たちに残っているかな?」

メタルクウラ

残っていない。

僕らは無数のメタルクウラに震え、手から汗が噴き出している。

どうやって勝つ?

いやどうやって逃げる?

ヤバい、終わった。

死を覚悟したその時、一緒に劇場に来ていた友達の一人の口から

今思えば、とんでもない言葉が飛び出した。

 

友達「この後、メタルクウラの本体がオーバーヒートするらしいよ。(ネタバレ)」

 

お、オーバーヒート??

僕らは誰一人として、「オーバーヒート」の意味は分かっていなかった。

界王拳的なパワーアップ技か??

 

僕らが無知のおかげで命拾いしたことを「オーバーヒート」をネタバレした彼は気づかなかっただろう。

小学生の頃のこんな思い出が記憶として残っている。

後に知る事になるが、ネタバレした彼は映画が始まる前に買ったパンフレットから情報を得ていた。

▼当時のパンフレットにはストーリーが粗筋でほとんど書かれていたのである。

僕らはとても大切な教訓を学んだ。

ドラゴンボールの映画を見る前は、パンフレット見るべからずと。




ポイント2.劇場版初のベジータ

ベジータが劇場版初登場します。

当時、原作でもアニメでもなかった孫悟空とベジータの初タッグには、誰もが胸を熱くさせました。

劇場版(90年代)のベジータはやたら扱いが悪かったりしますが、今作のベジータはちゃんと強いキャラとして扱われています。

▼一体目のメタルクウラもベジータがとどめを刺しています。

また、面白いのが超サイヤ人のまま倒れたフリをするベジータです。

▼ここでは通常の黒髪ベジータですが、

▼次のシーンでは、倒れたまま密かに超サイヤ人に変身しているのが分かります。

原作の人造人間編でも超サイヤ人のまま倒れたフリをして隙を狙っているシーンがあるので、細かいところを原作から拾ってきたなぁと感心します。




とびっきりの最強対最強のメディア展開

パンフレット

▼特集は孫悟空の必殺技集です。

▼パンフレットでは、メカフリーザではなくサイボーグフリーザと名付けられていました。

▼映画館で買えるグッズも楽しみの一つ。

▼ちなみに劇場で買えた下敷きです。

▼裏面です。

▼ショッパーです。

フィギュアとかは当時より今の方がクオリティ高いけど、グッズイラストに関しては当時の方がクオリティ高いです。




カードダス

メタルクウラも前作のクウラ同様に、劇場版キャラクターとしてはカードダスで種類が多くかなり優遇されています。

 

ドラ消し

▼この頃からメタルクウラはガシャで何体かぶっても許されます(笑)。

 

宣伝用映画ポスター(非売品)




以上、「【映画ドラゴンボールZ 激突!!100億パワーの戦士たち(メタルクウラ)レビュー】内容や当時の劇場パンフレット、カードダス、ドラ消しで振り返る」でした!

次回は更新日は未定ですが、「【映画ドラゴンボールZ 極限バトル!!三大超サイヤ人(人造人間13号)レビュー】内容や当時の劇場パンフレット、カードダス、ドラ消しで振り返る」です。

最後まで読んでくれて、ありがとー(・∀・ )!

その他のドラゴンボール過去映画を振り返る特集は
こちらをクリック!







-01.ドラゴンボール, ドラゴンボール懐古記事, 劇場版ドラゴンボール(更新途中)

執筆者:


 コメント
  • ジョジョ より: 2019/01/06(日) 7:37 PM

    こんにちは、メタルクウラの映画は僕が小学生時、ドラゴンボール を初めて映画でみた作品でした。この映画はトラウマシーンが多く、メタルクウラ軍団登場時の絶望感と悟飯やウーロンたちが捕まってロボットたちにすり潰されようとしていたシーンは相当怖かった記憶がありますります。この映画はたしか「神と神」公開までは歴代ナンバー1の収益だったはずなので、シナリオの完成度の高さが伺えますね。またそれ以上に神と神以降の映画収益を見ると、現在のドラゴンボール 人気の高さには驚嘆されるばかりですね。

    • アイダ より: 2019/01/08(火) 5:26 PM

      こんにちは、ジョジョさん!(・∀・ )
      確かに悟飯たちが捕まって、ヤジロベーが刻まれそうなシーンもなかなかなものでしたね^^;

      そうでしたね、この作品は当時のアニメフェア興収1位でしたね。
      アクションも結構よかったです^^西尾大介監督が手がけた最後のDB映画なんですよね!

      当時より現在の方がアニメ映画全体が興収上がっていますが、それを抜きにしてもドラゴンボールの根強い人気には本当驚かされます。
      ドラゴンボール超ブロリーもまた最高記録更新しそうで!
      しかも、海外でも興収高いので、世界興収はかなり高くなりそうですね!

  • こうちゃん より: 2019/01/06(日) 7:52 PM

    倒れているベジータが超サイヤ人なのは作画ミスなのかなと思っています。笑
    クライマックスの悟空の「無理だとわかっていてもやらなきゃならない時だってあるんだー!」ってセリフが好きです。

    • アイダ より: 2019/01/08(火) 5:30 PM

      こんにちは、こうちゃんさん!(・∀・ )
      ですね、作画ミスかもしれませんね^^;少し穿ち過ぎでした(笑)。

      その後のベジータの「オレ達に不可能などあるものか!」も良いです^^

  • 匿名 より: 2019/01/06(日) 8:58 PM

    ポスターのメタルクウラさんイケメン
    自分はベジータがメタルクウラに殴り掛かりに行って逆に殴り飛ばされるシーンが好きです。

    • アイダ より: 2019/01/08(火) 5:32 PM

      こんにちは、匿名さん!(・∀・ )
      唇がセクシーですよね♪

      そこは笑うww

  • 戦闘力774 より: 2019/01/06(日) 11:14 PM

    下敷き裏面の半分顔の悟空がカッコいい!
    自分がこの映画で好きなシーンは、大量のメタルクウラに立ち向かおうと悟空とベジータがスーパーサイヤ人になるところです
    気を思い切り放出してるけどスーパーサイヤ人化するのに少し時間がかかってるところが限界ギリギリで戦ってる感じがして好きなのです!

    • アイダ より: 2019/01/08(火) 5:42 PM

      こんにちは、戦闘力774さん!(・∀・ )
      ですよね!この下敷きは、DB下敷きで僕のベスト3に入るくらい好きです♪

      そのシーンの残り少ない力で、少しでも抵抗しようとする二人もかっこいいですよね〜!
      確かに、超化に時間かかっている演出も秀逸ですよね!

  • トウフ より: 2019/01/08(火) 2:44 AM

    メタルクウラ良いですよね〜、この映画ではベジータが一体目のメタルクウラにトドメを刺す時の連続エネルギー弾のヒット率の悪さ(うろ覚えですがまぁまぁ外してたはず…)に気がもったい無いよ…なんて思いながら見てました笑
    でも本編では基本フラグだったベジータの連続気弾が活躍していたのはかなり嬉しかったです!

    • アイダ より: 2019/01/08(火) 5:47 PM

      こんにちは、トウフさん!(・∀・ )
      確かにすり抜けてる風に見えるかもです(笑)。
      まあ、ベジータも満身創痍ですので、命中率下がっていたのかも(笑)。
      連続エネルギー波で、トドメさすというのも本当珍しいシーンですよね。

  • 櫛灘 より: 2019/01/08(火) 4:02 PM

    メタルクウラの軍団が崖の向こうからゾロゾロ出てきたときの絶望感たるや凄かったですよね😅

    パンフレットそんな感じだったんですねw
    ちょっとした罠です😭

    たしかにドラ消しでも栽培マンやメタルクウラはダブりウェルカムです笑

    • アイダ より: 2019/01/08(火) 5:51 PM

      こんにちは、櫛灘さん!(・∀・ )
      ですよね〜最恐の絶望シーンです!

      当時のパンフは本当ネタバレの嵐でしたからね^^;

      劇中再現という欲望が駆り立てられますね(笑)。

  • ライムグリーン二等兵 より: 2019/01/08(火) 5:53 PM

    100億パワーの戦士達はDB映画の中でもトップクラスに大好きです。
    この作品は量産型の魅力というものに始めて気付かせてくれました。
    アニメ映画史上でも筆頭に上げられるような名高い絶望シーンの他にも、
    ギミック豊富なロボット兵士軍団や、メタルクウラの再生シーンなど
    最高にシビレる演出が随所に散りばめられてて実に飽きません。
    ベジータ活躍の件は「やったか!?→ノーダメージ」の定番噛ませ技のような
    連続エネルギー弾が珍しくボスに対して見事フィニッシュブローとなり、
    今作でも登場即返り討ちだったり、瞬間移動戦に付いていけなかったりと
    少々不遇な面があっても、こういう部分でちゃんと優遇されてると感じます。

    あまり話題にならない話だと思うのですが、この映画は冒頭で、
    デンデが神に就任してるので悟空達はセルゲーム直前の時間軸になります。
    これはブロリー映画と変わらないですよね。
    (劇中で悟飯が超サイヤ人化しないのが引っかかりますが…)
    この事から「瀕死の5人のパワー合わせてワンパンKO」のブロリーと
    「悟空・ベジータ全力共闘でギリギリ勝利」のメタルクウラって
    左程強さに差は無くて、あのシーンはブロリーが大量に攻めてくるのとほぼ同じ、
    っていう風に置き換えると想像しただけで1人でクラクラしたりしてました。

    最後に私も当時友人と見た記憶を思い出すとしたら、
    この後絶対にあのツンツンしたメタルクウラ最終形態になるに決まってる!
    と、その場に居た全員が全く疑わず、どんな感じになるかと期待していましたが、
    見た後ちょっと「え?アレ・・・?」となっていた事でしょうかw

    • アイダ より: 2019/01/09(水) 5:55 PM

      こんにちは、ライムグリーン二等兵さん!(・∀・ )
      90年代DB映画は、ベジータが不遇な扱いが多いので、この映画での活躍は嬉しいですよね♪
      悟空もろともメタルクウラにビックバンアタック放ったところも、とても好きです。

      ですよね、神になっているデンデだけ別時間軸にも感じられます(笑)。
      ブロリー大量というその考えも面白く興味深いです。
      カオスすぎるww

      あ!それも思いました!
      初見ではメタルクウラ最終形態に変身するのかと期待しちゃいますね!
      まさか変身を残したままお亡くなりになられたとか(笑)。

      最近ヒーローズで、ゴールデンクウラになりましたね(笑)。

  • より: 2019/01/09(水) 3:14 PM

    昔の映画は悟空がとにかく、カッコよくヒーローなんですよね(*_*)

    この映画も大好きなセリフがあって、悟空がメタルクウラに何回やられても復活するみたいな、説明を受けたあと。
    「粉微塵になってもか?」
    が最高にカッコいいです(自分だけかなw)
    そのあとのクウラの
    「やってみろ」
    もしびれますね~

    • アイダ より: 2019/01/09(水) 6:06 PM

      こんにちは、蒼さん!(・∀・ )
      確かに、劇場版だとヒーロー要素が強くなりますね〜悟空は。

      「粉微塵になってもか?」
      そのセリフもとってもクールに高圧的でかっこいいです!

      「壊れたってしらねーぞ!」も好きです♪

あなたのコメントや画像をどうぞ♪