オモチャラヘッチャラ(ドラゴンボール最新情報&フィギュアレビューブログ/サイト)

ドラゴンボール最新情報&フィギュアレビュー&イベントレポ&懐古ブログ/サイトByアイダ

01.ドラゴンボール 03.ドッカンバトル 2019/18年新作フィギュアレビュー ドッカンバトルコラボフィギュア

【ドッカンバトルコラボ超サイヤ人ゴッド超サイヤ人ベジットレビュー】DOKKAN BATTLE COLLAB(ドラゴンボール2019年最新プライズフィギュア)

投稿日:2019年10月11日

DRAGONBALL Z DOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)
-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人ベジット-

ドラゴンボールフィギュアレビューブログのDOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人/超サイヤ人ブルー/SSGSSベジット-

こんにちは!アイダです(・∀・ )!

人気スマートフォンアプリ「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」とコラボしたプライズフィギュアシリーズ「DOKKAN BATTLE COLLABシリーズ」(過去作のレビューはこちら)の新作がリリースされましたね!

それでは「DRAGONBALL Z DOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人ベジット-」れっつレビュー!

 

展示品

ドラゴンボールフィギュアレビューブログのDOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人/超サイヤ人ブルー/SSGSSベジット-

レポートはこちら

 

商品詳細

ドラゴンボールフィギュアレビューブログのDOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人/超サイヤ人ブルー/SSGSSベジット-

商品名:DRAGONBALL Z DOKKAN BATTLE COLLAB-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人ベジット-
販売形態:アミューズメント景品
販売時期:2019年10月
メーカー:BANDAI SPIRITS(バンプレスト)
サイズ:約16cm

<下へ続く>




「DRAGONBALL Z DOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人ベジット-」を色々な角度から見てみよう!

ドラゴンボールフィギュアレビューブログのDOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人/超サイヤ人ブルー/SSGSSベジット-

ドラゴンボールフィギュアレビューブログのDOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人/超サイヤ人ブルー/SSGSSベジット-

ドラゴンボールフィギュアレビューブログのDOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人/超サイヤ人ブルー/SSGSSベジット-

ドラゴンボールフィギュアレビューブログのDOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人/超サイヤ人ブルー/SSGSSベジット-

ドラゴンボールフィギュアレビューブログのDOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人/超サイヤ人ブルー/SSGSSベジット-

ドラゴンボールフィギュアレビューブログのDOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人/超サイヤ人ブルー/SSGSSベジット-

ドラゴンボールフィギュアレビューブログのDOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人/超サイヤ人ブルー/SSGSSベジット-

ドラゴンボールフィギュアレビューブログのDOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人/超サイヤ人ブルー/SSGSSベジット-

今回の元となるゲームイラストは「LR【乾坤一擲の大勝負】超サイヤ人ゴッドSSベジット」です。

イベントをこなせば誰でもゲットできる強いキャラクターですので、多くのドッカンバトルプレイヤーから愛されている1枚なのではないでしょうか。

元イラストは格好良いですが、フィギュアは微妙です。

詳細は後述します。

<下へ続く>




少し上の角度からもグルっと、見ましょ。

ドラゴンボールフィギュアレビューブログのDOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人/超サイヤ人ブルー/SSGSSベジット-

ドラゴンボールフィギュアレビューブログのDOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人/超サイヤ人ブルー/SSGSSベジット-

ドラゴンボールフィギュアレビューブログのDOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人/超サイヤ人ブルー/SSGSSベジット-

ドラゴンボールフィギュアレビューブログのDOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人/超サイヤ人ブルー/SSGSSベジット-

ドラゴンボールフィギュアレビューブログのDOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人/超サイヤ人ブルー/SSGSSベジット-

ドラゴンボールフィギュアレビューブログのDOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人/超サイヤ人ブルー/SSGSSベジット-

ドラゴンボールフィギュアレビューブログのDOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人/超サイヤ人ブルー/SSGSSベジット-

ドラゴンボールフィギュアレビューブログのDOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人/超サイヤ人ブルー/SSGSSベジット-




位置がバラバラの両目

▼アップ。

ドラゴンボールフィギュアレビューブログのDOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人/超サイヤ人ブルー/SSGSSベジット-

目はご覧の通り焦点があっていません。黒目の位置が左右上下バラバラです。

※実際は青色ですが、便宜上「黒目」と表記します。

自分の目を動かしてみれば分かるのですが、目は左右連動しています。

例えば、右目を2mm右に動かしたら、左目も同じように2mm右に動きます。

ですが、こちらのフィギュアは右黒目が端に密着するほど移動しているにもかかわらず、左黒目がほぼ定位置のまま動いていません。

いくらキャラクターとはいえ、左右の黒目の動きに差がありすぎます。

▼確かに、元イラストの右黒目が端に密着しています。

しかし、このイラストは失敗ではありません。

何故なら、ドラゴンボールのイラストだけにかかわらず、漫画やアニメの多くのイラストはキャラクターが斜めに向くと、奥にある方の目の白目の内側が消失し黒目が端に密着します。

これは斜めを見ているキャラクターをわかりやすくするため嘘(手法)であり、間違えではないです。

しかしこれは絵(二次元)ならではの表現です。

それをそのまま立体物(三次元)でやるのは悪手と言わざるをえません。

▼幸い、角度によっては前髪で黒目の違和感をごまかせます。

ドラゴンボールフィギュアレビューブログのDOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人/超サイヤ人ブルー/SSGSSベジット-

▼ボディ。道着の重ね着感は巧く造られています。

ドラゴンボールフィギュアレビューブログのDOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人/超サイヤ人ブルー/SSGSSベジット-

ドラゴンボールフィギュアレビューブログのDOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人/超サイヤ人ブルー/SSGSSベジット-

ドラゴンボールフィギュアレビューブログのDOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人/超サイヤ人ブルー/SSGSSベジット-

塗装は裏面も丁寧で、全体的に綺麗です。

 

長さがバラバラの両足

このフィギュアは左右の足の長さもバラバラです。

▼右足は普通です。

ドラゴンボールフィギュアレビューブログのDOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人/超サイヤ人ブルー/SSGSSベジット-

▼左足が短いです。

ドラゴンボールフィギュアレビューブログのDOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人/超サイヤ人ブルー/SSGSSベジット-

▼左足は股下からブーツとパンツの境目まで約5.4cm

右足は股下から膝まで約4.5cm、膝からブーツとパンツの境目まで約2.3cmです。

ドラゴンボールフィギュアレビューブログのDOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人/超サイヤ人ブルー/SSGSSベジット-

測り手によって多少誤差は出ると思いますが、それを加味しても両足の長さに差がありすぎです。

この足の長さの違いを正当化するには、どうすればいいのか少し考えました。

元イラストがパースが強めのイラストですので、このフィギュアもそれに倣って手前の足を大きくし奥の足を小さくしたのかと考えたのですが、奥の足のブーツを見る限りそれはなさそうです。

当たり前ですがパースがかかっている場合、奥にあるものほど縮小率が高くなります。

が、一番奥になるブーツはこのフィギュアの中で一番縮小率が高くなければならないのですが、そうは見えません。サイズ的にはパース補正がかかっていません。

結論、左右の足の長さのバラツキは、単に「巧く造れなかった」です。

▼バストアップ。

ドラゴンボールフィギュアレビューブログのDOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人/超サイヤ人ブルー/SSGSSベジット-

ドラゴンボールフィギュアレビューブログのDOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人/超サイヤ人ブルー/SSGSSベジット-

 

総評

上記の理由から、完成度は高くはありません。

ただ、遠くからのパッと見では悪くはないです。塗装自体はしっかりしていて綺麗です。

フィギュアをガッツリ鑑賞したい方には、オススメできませんが。。

結論は「微妙なフィギュア」です。

ドッカンバトルで好きなイラストでしたので、残念です。

<下へ続く>




おまけ

▼HGの合体ザマス(レビューはこちら)と無理やり。

ドラゴンボールフィギュアレビューブログのDOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人/超サイヤ人ブルー/SSGSSベジット-

▼必殺技シリーズSSGSSベジット(レビューはこちら)と♪

ドラゴンボールフィギュアレビューブログのDOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人/超サイヤ人ブルー/SSGSSベジット-

両者比べると、部分部分は今回の方が小綺麗ですが、迫力やポーズの決まり具合は必殺技シリーズの方が断然上です。

────────

以上、「DRAGONBALL Z DOKKAN BATTLE COLLAB(ドッカンバトルコラボ)-超サイヤ人ゴッド超サイヤ人ベジット-」のレビューでした!

それでは最後まで読んでくれて、ありがとー(・∀・ )!

気になったあなたはちぇけらー!↓↓
(検討したいという方は… 「Ctrl+D」でお気に入りに登録)

 

ピックアップ!関連記事

▼ドカバトコラボ超サイヤ人4孫悟空(レビューはこちら)とドカバトコラボ超サイヤ人4ベジータ(レビューはこちら

▼必殺技シリーズ合体超戦士最強必殺技 ファイナルかめはめ波(レビューはこちら

▼ドラゴンボール
新作フィギュアレビューは
こちらをクリック!

 

【追記】コメントへの返信(2019.10/11)

再び、こんにちは!アイダです(・∀・ )!

ご覧下さったあなたに、コメント下さったあなた、ありがとうございます。

目はやはり気になりますね。

初稿のサンプルイメージの黒目の位置が一番自然に見えますね。両目の移動距離も高さもほぼ同じですし。理にかなっています。

▼初稿のサンプルイメージ

実際の商品の全体的な色に関しては、僕も良いと思います。

あとは生え際の後退感は否めないですねえ。。

やはりコメントにもあるように最終的には「正面からの鑑賞に特化してるフィギュア」と言ったところでしょうか。







-01.ドラゴンボール, 03.ドッカンバトル, 2019/18年新作フィギュアレビュー, ドッカンバトルコラボフィギュア

執筆者:


 コメント
  • 匿名 より: 2019/10/11(金) 4:27 PM

    いつか出たゴジータ4のドッカンバトルコラボフィギュアも微妙な出来だったような…まるでパイタッチしてるかのような

  • ネーナ より: 2019/10/11(金) 5:34 PM

    髪でごまかすのは笑いました

    でもほんと目、だけなんですよね

    背面が黒いのはLRらしさがあって良いですし

    バンダイの無能な人がチェックするのではなくちゃんと理解のある人に監修して欲しいですよね、造形自体は今回は良いほうですし

  • 杉さん より: 2019/10/11(金) 6:55 PM

    こんばんは。レビューお疲れ様です。
    僕の感想を述べます。
    目線はやはり気になりました。目線が上手く定まっていないなと父とも話しました。イラストに忠実といえば忠実だとは思っていましたが、そのまますぎて立体化した時に上手くできなかった感じですかねw
    あとは個人的に生え際がM字すぎるなと感じました。ベジットはそこまでベジータや旧ゴジータほど剃りこみは深くないと思います。なので額がやけに広く見えて違和感があります。個人的には1番気になる部分です(目線はなんとか妥協できますが笑)
    足のパーツの長さには気が付かなかったです。やはり正面からは割と良く見えていたためですね。パースをつけたかったのでしょう………w
    僕の結論としては、「前髪で右目が隠れる角度からM字を気にしなければ良いフィギュア」って感じでした。

  • はや より: 2019/10/11(金) 7:32 PM

    こんばんは。レビューお疲れさまです。
    この前展示品レポートの記事でコメント残したとき画像貼ろうと思い忘れちゃったんですが、黒目が変更されない方が自分はよかったかなと思ってます。
    左が今回の、右が以前に見本が出回った時の物です。
    アイダさんのブログの画像勝手にお借りしちゃいましたが大丈夫ですかね?

  • 匿名 より: 2019/10/11(金) 8:03 PM

    アイダさん、レビューお疲れ様です。
    僕も左の目線が気になり少し奥の方に飾ってます。
    アイダさんの写真を参考にして右の目線を正面に合わせたらいい感じに飾れました。
    右と左のブーツの横幅が違うのでパース効果を少しは意識してる気がします。
    (まぁ右足に力を入れているからかもしれませんが・・・)

    上に飾ると目線が気になり横から見ると左足が気になったり、
    とにかく正面からの鑑賞に特化してるフィギュアですよね。

あなたのコメントをどうぞ♪(現在個別返答はしておりませんが、コメントに対するリアクションは後にこのページに「追記」させていただきます^^)

カテゴリー