オモチャラヘッチャラ(ドラゴンボール最新情報&フィギュアレビューブログ/サイト)

ドラゴンボール最新情報&フィギュアレビュー&イベントレポ&懐古ブログ/サイト

01.ドラゴンボール 2020/19/18年ドラゴンボール最新情報 カードダス ドラゴンボール懐古記事 レジェンズコラボフィギュア

【ドラゴンボールレジェンズコラボ ヤードラット衣装 超サイヤ人孫悟空】(2020年最新フィギュア )&1991年の緑色のヤードラット衣装をカードダスとドラ消しで振り返る

投稿日:

DRAGONBALL LEGENDS COLLAB -SON GOKU-
ドラゴンボールレジェンズコラボ ヤードラット衣装 超サイヤ人孫悟空

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション/BANDAI SPIRITS

こんにちは!アイダです(・∀・ )!

人気スマートフォンアプリ「ドラゴンボール レジェンズ」とコラボしたプライズフィギュアシリーズの新作のヤードラット衣装の超サイヤ人孫悟空が、2020年5月より新登場します。(プライズのレジェンズコラボ全種レビューはこちら

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション/BANDAI SPIRITS

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション/BANDAI SPIRITS

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション/BANDAI SPIRITS

プライズのレジェンズコラボリーズは毎回元となるゲームイラストがあります。今回の元となるゲームのイラストはこちらです。

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション/©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

ヤードラット衣装 超サイヤ人孫悟空はミニフィギュアでは結構リリースされていますが、通常サイズ以上のフィギュアは希少な存在ですね。

▼HGシリーズ ドラゴンボールZ11〜未来から来た青年編〜(レビューはこちら

 

1991年の緑色のヤードラット衣装をカードダスとドラ消しで振り返る

原作やZのリアルタイム世代は、緑を基調としたカラーリングのヤードラット衣装を思い出す方も多いのではないでしょうか。

カードダスのイラストがそうでしたので、僕もその印象が残っています。

▼1991年ドラゴンボールカードダス本弾第9弾

もちろんこれはミスではなく、アニメで色が決まる前に制作されたものですので、アニメとは色が違います。

カードダスはアニメより先取って情報を公開していたので、アニメカラーと違うことが結構あるんですよね。

ちなみに上の画像のベジータのシャツも、アニメでは衝撃的なピンクカラーでしたが、カードダスではホワイトとなっています。

▼緑ヤードラット衣装はカードダスだけではなく、ドラ消し※の彩色見本でも使われました。

※ドラ消し…当時ガシャポン販売されていた無彩色ミニフィギュアです。

個人的には、アニメカラーよりもこちらの方がエキセントリックな配色で、宇宙人感がでているで好きだったりします。

▼おまけ(ヤードラット衣装孫悟空&BADMAN衣装ベジータ&トランクスのドラ消し)

────────

以上「【ドラゴンボールレジェンズコラボ ヤードラット衣装 超サイヤ人孫悟空】(2020年最新フィギュア )&1991年の緑色のヤードラット衣装をカードダスとドラ消しで振り返る」でした!

それでは、最後まで読んでくれて、ありがとー(・∀・ )!

▼ドラゴンボール
新作フィギュアレビューは
こちらをクリック!

 

【追記】コメントへの返信(2020.2/13)

再び、こんにちは、アイダです(・∀・ )!

ご覧下さったあなたに、コメント下さったあなた、ありがとうございます。

 

>ブルマのヘアカラーはアニメの青みのグリーンな印象があまりにも強くて、
もうひとつの淡い紫色の見ても、原作の髪色思い出すまでず~っとアラレちゃんカラーだと勘違いしてました(苦笑

確かに原作は基本的に白黒が多いので、原作カラーは印象が薄くなりがちかもですね。

でも原作でも1話目とかは青い髪ですよね^^

 

>画像はケータイに残ってたブルマと皆さん

シャツ1枚で座っているブルマとか良いですね^^

キーホルダーのやつですよね。

少し前は色々なキーホルダーとかもリリースされていて楽しかったですね。

 

>HGたちを見てすごく憧れたもんですけど今になって見てみると原作とは似てないですよね

お目が高いですね。僕は昔のHGの造形は似ていると思っています。

毛先が丸かったり顔などの細かい箇所とかはどうしてもうまくできない箇所などあるのでしょうが、200円のミニフィギュアとしては最高クラスです。

▼ボディバランスやキャラクターのポイントを、原作イラストを探り造った感があるんですよね。だから今でも昔のHGは評価が高いのかと。

たった200円でここまで提供できたのは、今思えばかなり奇跡的です。

最近のプレバンHGのていたらくを見れば尚更そう思います。







-01.ドラゴンボール, 2020/19/18年ドラゴンボール最新情報, カードダス, ドラゴンボール懐古記事, レジェンズコラボフィギュア

執筆者:


 コメント
  • 南の島(レキオ)のH58(エチゴヤ) より: 2020/02/14(金) 3:15 AM

    ハイサイ♪
    なるほど~カードダスは違うんですね~
    有名なカラー設定違いだとベジータのアニメ初期登場時と後に修正された現在のモノですね!
    自分それしか知りませんが(笑

    色違いと云えば女性キャラで定番化した「GLITTER&GLAMOURS」シリーズなら
    A.カラーアニメ設定カラー
    B.カードダスカラー(又は原作カラー)
    となるんでしょうね~

    ブルマのヘアカラーはアニメの青みのグリーンな印象があまりにも強くて、
    もうひとつの淡い紫色の見ても、
    原作の髪色思い出すまでず~っとアラレちゃんカラーだと勘違いしてました(苦笑

    画像はケータイに残ってたブルマと皆さん

  • 匿名 より: 2020/02/14(金) 2:39 PM

    昔のHGのカッコよさってどこから来るんでしょう? 幼稚園児の頃にともだちのアナログテレビの上に大量に並んでたHGたちを見てすごく憧れたもんですけど今になって見てみると原作とは似てないですよね
    でも今見ても値段を考えればカッコいいしハイクオリティ なぜ…?
    色といえばセルの卵→幼虫→第一の鳥山先生のイラストに色を塗って貰ってそれをアニメの見本にしてた逸話を思い出します

  • まっちゃん より: 2020/02/20(木) 6:15 PM

    目の位置がおかしくないですか。
    最近のフィギュアに多く見られるきがします。
    目の位置がおかしいとなぜか違和感があります。なんとかならないのかな。

コメントをどうぞ♪

カテゴリー