オモチャラヘッチャラ(ドラゴンボール最新情報&フィギュアレビューブログ/サイト)

ドラゴンボール最新情報&フィギュアレビュー&イベントレポ&懐古ブログ/サイト

01.ドラゴンボール iemotoさんのレビュー ゲストレビュー 一番くじ

【孫悟空(身勝手の極意)レビュー】一番くじ ドラゴンボール EXTREME SAIYAN/A賞(ドラゴンボール2019年過去フィギュア)

投稿日:2020年3月23日

一番くじ ドラゴンボール EXTREME SAIYAN
A賞 孫悟空(身勝手の極意)

こんにちは、iemotoです。

前回は、「ギカンティック進化ベジータ」のレビューをご覧いただき、ありがとうございました。

今回は、方向性が正反対であろう「EXTREME SAIYAN A賞 孫悟空(身勝手の極意)」のレビューです。

【商品詳細】
商品名:一番くじ ドラゴンボール EXTREME SAIYAN A賞 孫悟空(身勝手の極意) フィギュア
販売形態:一番くじ景品
販売価格:1回680円(税込)
販売時期:2019年12月28日(土)~
メーカー:バンダイスピリッツ

 

このフィギュアの箱を開け、頭部パーツを見た瞬間の視覚イメージ。

今までの自分の持っている身勝手の極意フィギュアや、超サイヤ人フィギュアの頭髪とは違う特別感を覚えた。

これが手にとってみた最初の印象。

 

定番、全身像+俯瞰

パッケージ写真や公式写真の通り、リアルで美しい筋肉造形。

好き嫌いはともかく、誰もがそう思ってもおかしくない出来上がり。

ドラゴンボールフィギュア史上、リアル造形の面では間違いなく頂点である。

真っ先に、その筋肉造形をレビューしたくなりそうだがしかし、おそらくこのフィギュアでしか表現されていない、現時点で唯一無二の特徴である、神々しい銀髪の塗装をみていく。

表面は輝き、キラキラしている。触るとザラつきはないが、塗装に粒状感がある。これが、キラキラさせている。

そして、幅が不規則で細やかな髪のラインが立体感を演出。

この塗装は見事という他ない。身勝手の極意の銀髪の表現として、一つの回答があると言っても過言ではない。

僭越ながら欲を言えば、身勝手の極意の特徴である白~青~赤(ピンク?)のオーラを表現するため、それらの色の粒をわずかにまぶした塗装版も見てみたいものだ。

比較して悪いけど、身勝手フィギュアの初期の頃(というかこのEXTREME身勝手が出るまで)は、ただ銀色を塗っただけのフィギュアがほとんどだと思われる。

これと、

これ。

一目瞭然!

フィギュアの大きさが、見映えあるこの塗装を可能にしている面もあるだろうけど、やはりこの一手間二手間が所有する悦びを大きくしてくれる。

※例示した旧作身勝手フィギュアそのものは、素晴らしい出来のフィギュアです、念のため。

 

各部アップ(顔~腰~脚など)

厳しい表情。眉間と額のシワがそう見せているのか。

左後ろからみると、相手を冷静に見据えているようだ。

身勝手フィギュアは数多くあれど、眉間や額にシワのないフィギュアは出ていないと思われる。

身勝手悟空に限らず、超サイヤ人ゴッドベジータなど、是非とも澄ました表情のフィギュアも見てみたいものだ。

 

破れた道着のペラペラ感がとてもいい反面、手の甲のラインの不自然さ。中手骨のラインを入れるのではなく、

↑このように隆起させることはできなかったんだろうか。なぜ!?非常に残念・・・!

 

出た当時は「ここまでやったか!」と感嘆したが、今や常識となってしまった、破れた道着とそこからのぞく脚の造形。両脚・道着とも、しっかり作り込まれている。

ただ、右太ももの貼り付け感が完全に払拭されていないのは惜しい。

写真だとわかり辛いが、ズボン全体や、破れた道着の内側、ズボンのシワの影部分には、メリハリをつけてしっかり塗装されている。

この道着には横に縫い目があり、それに沿ってシワができていて、とても自然な感じ。

 

筋肉造形

リアル寄りの造形。前鋸筋(ぜんきょきん・腹筋から脇にかけての筋肉)が浮き上がり、腹筋の隙間も表現。

 

三角筋(肩)、上腕三頭筋、前腕と、鍛え上げられた本物の腕と見まごう造形。

 

筋肉のラインを入れただけではない、隆起をしっかり表現している。カット(筋繊維の溝)も入っている。

体の動きに合わせて左右対称ではないのはいいが、どこか不自然な気も・・・。

左後ろを見た場合、無意識に力が入るとすれば腹筋や腰の辺りの筋肉だと思われる。とすれば、力の入っていない僧帽筋はゆるむはずで、この背中を見ると、左を向いているのに右僧帽筋に力が入っているように見え、後述するが、これでは左足を軸に右僧帽筋・右背筋で左後ろに振り返るという、変な身体の使い方に感じる。それとも右肩を上げる感じで振り返る??
わからん・・・。

体のバランス

直立不動ではない。動きがあったかのような、動きの途中のような、左後方に視線をやったポーズ。

この姿をみたとき、頭にダビデ像が浮かんだ。

なんとなく似ているが、ダビデ像は右足に体重が乗っていて左斜め前方に視線が行っており、右足カカトから右肩までの軸がほぼ垂直に一直線になっているのに対し、フィギュアの方は体をひねるように左後ろに視線が行っていて、それに伴い体幹がねじれているが、この解釈が厄介だ。

自分で肩幅くらいに足を広げて真っ直ぐ立ち、何パターンか後ろを振り返ってみて、一つのヒントが出た。

ダビデ像の左右反転、左足に体重を乗せて左後ろを振り返ってみると、同じようなポーズに近づけることができた。

ただ、体重のあまりかかっていない右足の遊びをどう解釈するか。

フィギュアと同じ位置に持ってくることも可能だが、自分の場合は自然な位置ではなさそうだった。

先述した、背中の筋肉群の謎と相まって、未だにこのポーズに対する答えは出ていない。

皆様ならどう解釈なさるだろうか・・・。

造形そのものは非常にいいだけに、身体の使い方の表現が同じくらい勿体ない。

さて、これらのリアルな筋肉造形は原作にはないものなので、賛否両論あるのは致し方ないところ。

まあ、それを言ったら服とかアーマーの質感とかも想像するしかないから、個人イメージとどれだけ近いかで、好き嫌い分かれるのだろう、と思われる。

ともあれ、細かいことを気にしなければ、塗装も成型色がギリギリわからない程度から陰影塗装、至高の銀髪塗装とメリハリが効いており、筋肉表現も細かいところまで造形されていて、非常に見ごたえのあるいいフィギュアなのは間違いない。

 

ちなみに、他の身勝手悟空たちと。

RPGでこんな奴らが出てきたら・・・(汗)

 

最後に、写真で遊んでみる。

その目は、何を語る・・・。

 

わざと赤っぽくしてみる

銀髪が、夕焼けの赤と宵の青に染まる。なんか、身勝手のオーラが出ている感じ!

こういう遊び、好きなんです(笑)

以上、長文かつ複雑なレビューでしたが、最後までお読みいただきありがとうございました!







-01.ドラゴンボール, iemotoさんのレビュー, ゲストレビュー, 一番くじ

執筆者:


 コメント
  • アイダ より: 2020/03/23(月) 9:40 PM

    iemotoさん
    2回目のレビューありがとうございます!
    他のフィギュアとの比較や、考えが見られてよかったです。

    >ただ、体重のあまりかかっていない右足の遊びをどう解釈するか。
    >皆様ならどう解釈なさるだろうか・・・。

    右足に体重のってないんですか?
    なかなかの難題ですね。

    僕の解釈というか推察は以下です。

    骨盤ラインが右足の方に落ちているので、おそらく造形した人は右足のほうに重心を乗せたかったと推察します。ダビデ像と違い右足を前に出してませんし。
    ただ形(フィギュア)にしたらうまくいかず、左足に重心がかかってしまい右足が遊んでしまったのではないでしょうか?

    結論は「設計通りに重心がうまくコントロールできなかった」です。

    興味深い問いかけを、ありがとうございます^^

    (都合上ダビデ像の画像はこちらが用意したフリー素材のものに差し替えました。ご了承くださいm(_ _)m)

  • 匿名 より: 2020/03/23(月) 10:00 PM

    難しいことは分かりませんが、カッコいいと思います。レビューありがとうございますー

  • 弟のように甘くはない より: 2020/03/23(月) 10:00 PM

    髪の塗装がとてもいいですね!!
    キラキラベジータでもこんな感じの塗装で大きいサイズのフィギュアが出て欲しいですね〜

  • 杉さん より: 2020/03/24(火) 12:23 AM

    レビューお疲れ様です。
    こちらもベジットと同じく、なかなか細部の写真まで見る機会がないので良かったです。こうなってるんだーと、楽しませていただきました。
    いろいろと議論の余地があるフィギュアでしたね。

  • iemoto より: 2020/03/24(火) 12:51 AM

    〈本文への補足です〉
    体のバランスの件、投稿後にも考察してみましたが、やはり反転ダビデと並べてみると体重の乗り方が右足寄りに見えるんですよね。でも、実際に悟空のポーズをしてみると、自分の場合は不自然な形にしかならなかった・・・というか、正中線のカーブの再現が出来ませんでした。
    別の考え方で強いて言えば、直立不動の姿勢から、アゴは下げないで右足に重心を移しつつ、後ろの足下1~2m先(に倒れている相手?)を見るように振り返ってみると、フィギュアと似たポーズになったような気がしました。意識しながらなので何とも言えませんが(汗)
    中途半端なレビューで申し訳ない限りです・・・m(_ _)m

  • 匿名 より: 2020/03/24(火) 11:28 AM

    ここまで何言ってるかわからない(称賛)レビューは初めてかも…
    こだわりと愛と写真の撮り方がすごいですね スルーしてたのが欲しくなるから困る…

  • ぱふぱふ より: 2020/03/24(火) 4:49 PM

    レビューお疲れ様です!僕もこのフィギュアを所持しているのですが、ここまで複雑に考えてフィギュアを見ることがないので参考になりました!
    確かにパーツの一つ一つは細かく作られてますけど、正面や真後ろから見ると変なくねりというか、若干左腰が浮いてるように見える謎ポーズですね笑

  • 匿名 より: 2020/03/25(水) 10:38 AM

    これは身勝手の決定版と言っても差し支えないと思います。同シリーズのベジットやゴジータはもう少し原作に忠実なデザインにしてくれれば決定版だと思えたのですが、もったいないなと思います。

  • iemoto より: 2020/03/25(水) 2:31 PM

    コメントありがとうございます!
    >アイダさん
    ダビデ像の掲載に関して、色々お手数おかけしましたm(_ _)m
    体のバランスは、なんか、どっちつかずの重心のかかり方な感じです。
    なるほど・・・作成段階に原因がある(可能性がある)とは、全く考えもしませんでした。
    超戦士列伝6のアルティメット悟飯(肘打ち?)も動きがちぐはぐだし、惜しいですよね。
    現時点で思うのは、
    「このフィギュアは上半身と下半身の身体の流れが逆になっている(連動していない)」
    と思うことにしました(汗)
    こればかりは作成者以外、事情はわかりませんし・・・。
    同シリーズのブルーベジットはそのへん上手く出来てると思います。
    考察していただき、ありがとうございます!

    >弟のように甘くはない さん
    髪、本当にキレイです。光の当たる角度で反射する粒が違って、キラキラします!
    確かに、このレベル(≒同シリーズ)での進化ベジータ欲しいです!
    よく考えたら、身勝手悟空、ブルーベジット、ブルーゴジータと来たら、なぜ進化ベジータがいないんだ! と思います、今更ながら(苦笑)

  • iemoto より: 2020/03/25(水) 2:46 PM

    >杉さん
    ありがとうございます!
    本当は、もっと細部の写真も載せたかったのですが、どうしても最初にみた体のバランスが気になってしまって・・・。
    他のブログ等のレビューにも、どなたも触れていなかったので、記事が多めになってしまいました。
    まあ、左後ろ姿を正面にすれば、全く気にならないんですがね(^^ゞ

    >ぱふぱふさん
    ぱふぱふさんも、この身勝手悟空をお持ちなんですね!
    そうなんです、謎なんですよ。最初見たときの違和感が後を引いてしまって、こうなりました(苦笑)
    でもそれを気にしなければ、本当にカッコいいフィギュアです!・・・というのは私が言うまでもなく、ぱふぱふさんもきっとそのように感じておられると思います!
    あ、ちなみに、ぱふぱふさんのブルーベジットレビューのせいでポチッとしてしまいました、ブルーベジット(^o^)
    届くのが楽しみです!

  • iemoto より: 2020/03/25(水) 3:19 PM

    >匿名の皆様
    コメントありがとうございます!
    なんか、文句の多いレビューになってしまいましたが、ホントカッコいいんですよね、コレ。純粋に。

    体のバランスに関しては、自分でも疑問のままレビューしてしまって、どう伝えたらいいのか、ってのはありましたm(_ _)m
    レビュー最後の3枚の写真、出来がいいのでより映えます。ぜひお手元でもお楽しみください!

    私も、本文にこそ書きませんでしたが、身勝手決定版だと思っています!
    同シリーズのベジットは、髪の大きな毛束が気になりますが、私自身はああいう顔の感じも好きなので決定版と言ってもいいと思いますが(後日、手元に届くのが楽しみ!)、ゴジータは、色んなレビューをよく見たり、実物をみた訳じゃないので何とも言えませんが、顔に緊張感がないというか、そんな感じで、勿体ないと思います。

    これを言ったら始まらないかもですが、究極、フィギュアって、カッコいいか・そうでないか、好きか嫌いか、な気がします。
    そう考えると皆が満足するフィギュアって、中々ないもんだな~と思います。

  • ぱふぱふ より: 2020/03/26(木) 1:43 PM

    >iemotoさん
    ご返信ありがとうございます。
    ベジットブルーお買いになられたのですね!自分の紹介したフィギュアがこうして他の人に気に入られて、その人の購入選択の助けになるのは嬉しいです。こちらもレビューした甲斐があったというものですね笑
    お手元に到着したら存分にカッコよさをご堪能ください笑

コメントをどうぞ♪

カテゴリー