オモチャラヘッチャラ(ドラゴンボール最新情報&フィギュアレビューブログ/サイト)

ドラゴンボール最新情報&フィギュアレビュー&イベントレポ&懐古ブログ/サイトByアイダ

01.ドラゴンボール ドラゴンボール懐古記事

【このドラゴンボール・ソング知ってる?】「セピア」と「THINK OF MYSELF」というDB史上珍しい使われた方をした歌

投稿日:

「セピア」
「THINK OF MYSELF」

©バードスタジオ/集英社/東映アニメーション

こんにちは!アイダです(・∀・ )!

▼ドラゴンボール・ソングといえば主題歌やエンディング曲はどれも説明不要な超有名曲ばかりです。

▼影山ヒロノブさんが歌うゲーム主題歌も有名なのが多いです。

映画主題歌や、「運命の日~魂VS魂~」など挿入歌も有名ですね。

他にもドラゴンボールソングは沢山あります。

アニメなどのメディアで使用されなかったイメージソングも沢山です。

今日はそんな沢山のドラゴンボールソングの中から

メディアで使われたけど、あまり有名じゃない下記の2曲を記します。

「セピア」と「THINK OF MYSELF」です。

<下へ続く>




「セピア」と「THINK OF MYSELF」

「セピア」と「THINK OF MYSELF」は、1996年3月2日に公開された劇場版「ドラゴンボール 最強への道」の歌です。

「ドラゴンボール 最強への道」の本編ではテレビアニメドラゴンボールGTの主題歌と同じ「DAN DAN 心魅かれてく」が使われていますが、

「ドラゴンボール 最強への道」の劇場予告では「セピア」と「THINK OF MYSELF」が使用されています。

劇場予告限定の歌はドラゴンボールの長い歴史の中でも、この二つだけです。

▼「ドラゴンボール 最強への道」の劇場予告動画は、まずそれまでの劇場版のアニメの振り返りが流れます。ここで「セピア」の歌が流れます。

©バードスタジオ/集英社/東映アニメーション

▼次に「ドラゴンボール 最強への道」の動画に切り替わると同時に歌も「THINK OF MYSELF」に切り替わります。

©バードスタジオ/集英社/東映アニメーション

※この予告動画は、ドラゴンボール 劇場版 DVD-BOXなどに収録されています。

 

「セピア」と「THINK OF MYSELF」を探し求めた当時

ドラゴンボールの歌のCDは全部買っていたのですが、「セピア」と「THINK OF MYSELF」が収録されているCDが当時全く分かりませんでした。

▼「ドラゴンボール 最強への道」主題歌CDにも、サウンドトラックにも収録されていなかったんです。

しかも、劇場予告で聞いただけで曲名が分からない。

当時は1996年。ネットも一般的に普及していないので、検索もできない。マニアックすぎて周りの友達も知らない。

▼近所のレンタル屋に足しげく通い見つけたのがコレ。

「DAN DAN 心魅かれてく」と同じ歌手グループのFIELD OF VIEWの1stアルバムに両方収録されていました。

見つけるのに苦労したので、CDプレイヤーで曲を聞いたときは感動もひとしおでした。

「セピア」は当時まだ女性と付き合ったことの無い僕でも、なんか身にしみる「恋の終わり」をテーマにした良曲で

「THINK OF MYSELF」は未来への不安を希望に変えてくれるような良曲でした。

しかし、当時こうも思いました。

「この歌詞、ドラゴンボールっぽくなくね?」と。

<下へ続く>




ビジネス化していくアニメソング

今思えば、1990年代はアニメソングがどんどんJ-POPなどの普通の歌に徐々に変わりつつある時代だったと思う。

ドラゴンボールでいうと最強への道(1996年)とGTシリーズ(1996年〜)が転換期だ。

これまでのガチガチのアニメソングを止め、主題歌にJ-POPを起用した。

▼ドラゴンボールのフジテレビプロデューサー清水賢治氏も語るように、大人のビジネスが絡んだ歌である。

というか同じジャンプアニメのスラムダンクなどは、大黒摩季、ZARD、WANDSなどを既に起用していたので、ドラゴンボールは切り替わるのが遅い方だったのかもしれない。

<下へ続く>




アニメソングとJ-POP

アニメの作風にもよるが、やはり僕はドラゴンボールはガチガチのアニメソングの方があっていると思う。

もちろんJ-POP「DAN DAN 心魅かれてく」なども好きです。

当時、ドラゴンボールGTという新時代に、これまでのドラゴンボールにはない新感覚の主題歌にはワクワクさせられました。

そして「DAN DAN 心魅かれてく」よりも、一足早く登場した「セピア」と「THINK OF MYSELF」。

ドラゴンボールの歴史上初めてJ-POPとして起用されたこの2曲も、覚えておいてもいいかもしれない。

了。

気になったあなたはちぇけらー!↓↓
(検討したいという方は… 「Ctrl+D」でお気に入りに登録)

 

ピックアップ!関連記事

【ED映像では見られない超サイヤ人4悟空とベビーも】当時のドラゴンボールGTのCDジャケット(FIELD OF VIEW、DEEN、ZARD、WANDS、工藤静香)特集はこちら

▼ドラゴンボール
新作フィギュアレビューは
こちらをクリック!

 

【追記】コメントへの返信(2019.10/16)

再び、こんにちは!アイダです(・∀・ )!

ご覧下さったあなたに、コメント下さったあなた、ありがとうございます。

やはり映画ソングといえば、影山ヒロノブさんですよね。

さいばいまんさん、調べてくれた情報ありがとうございます。

急遽1stアルバムからピックアップした説ありえますね。

「THINK OF MYSELF」にいたっては、先に携帯電話のCMに使われていたそうです。

僕もなんだかんだでJ-POP好きで、スラムダンクの「世界が終わるまでは」・幽☆遊☆白書の「アンバランスのKISSをして」・るろうに剣心の「1/3の純情な感情」は、今でもカラオケで歌う時あります(笑)。

 







-01.ドラゴンボール, ドラゴンボール懐古記事

執筆者:


 コメント
  • 匿名 より: 2019/10/16(水) 4:53 PM

    熱戦だ!烈戦だ!超激戦だ!Z!とか最強のフュージョ~ンとかはインパクト強くて覚えてたけど予告でしか流れてない曲…じぇんじぇん知らんかった…
    …ちゃんとしたアニソンがいいっていうのには完全同意します♪

  • さいばいまん より: 2019/10/16(水) 6:12 PM

    ドラゴンボールの音楽がらみの記事は稀有なのでとてもありがたい!
    しかも今回はわたしも知らないかなり貴重な情報でした。

    気になったので自分でもちょっと調べてみました。
    1995年10月 FIELD OF VIEW 1stアルバム発売
    1996年2月 GT放映開始
    1996年3月 最強への道公開
    1996年3月 DAN DAN シングル発売
    (以下はすべて憶測です)
    映画の予告はおそらく公開の数ヶ月前だから95年11月~96年1月とかで
    GTと最強の主題歌をFIELD OF VIEWが担当することだけは決まっていたけど
    DAN DANが出来上がっていなくて無理やり1stアルバムから選曲した感じでしょうか。
    ここにも大人の事情がからんでいそうです。

    とはいえ2曲とも気になるのでアルバム探して聴いてみます!!

  • 匿名 より: 2019/10/16(水) 6:18 PM

    超のEDもJ-POP歌手とのタイアップでしたね〜るろ剣幽白等90年代のタイアップはJ-POP全盛なのもあって名曲まみれなので私はまぁ曲が良ければいいかな!派かもです笑

あなたのコメントをどうぞ♪(現在個別返答はしておりませんが、コメントに対するリアクションは後にこのページに「追記」させていただきます^^)

カテゴリー